永久脱毛にチャレンジした人の体験談

Just another WordPress site
Subscribe

松竹梅の『梅』って言われても花咲かせられますか?強さとは!

9月 03, 2014 By: pj Category: 未分類

は!
ドラマ「梅ちゃん先生」は連続テレビ小説・第86シリーズ目の作品である。戦後復興期の東京・蒲田が舞台となっている。
蒲田で家族6人で暮らしている主人公・下村梅子を中心に梅子が医師になり、結婚するまでを描いている。
梅子は、姉・松子や兄・竹夫が優秀なのに対して、「しょせん松竹梅の『梅』よ」と自分で思い込んでいた。
姉や兄に比べられることが多く劣等感を持っていたが、姉の婚約者であった智司から「花が春一番に咲き、みんなに希望を与える『梅』のような人になれる」と励まされる。
ある日、落ちていた饅頭を食べ食中毒になっている中谷広志を見かけ、建造に助けてもらう。懸命に治療に当たる建造を見て、梅子は医師を目指すことになる。
学力不足ながら必死に勉強し、難関の入試に合格し、城南女子医学専門学校に進学。医専卒業後、帝都大学医学部附属病院でインターンとして内科を専攻。
1952年、医師国家試験に合格、医師免許を取得後、帝都大学部附属病院に就職し、第一内科に配属される。
その後、隣に住む幼馴染み、信郎と結婚する。その2年後、長男・太郎。3年後に次男・新を出産する。
あることをきっかけに自宅を診療所に作り替え、町医者になる。
そして、町の人たちは梅子のことを『梅ちゃん先生』と呼ぶようになる

Leave a Reply